Press Release 

A Look into Hdac with Dae-Sun Chung

Jun 11, 2018

http://www.newsis.com/view/?id=NISX20180606_0000329017

  • *The following is the English translation of the above article.
  • *以下是上述文章的中文翻译。
  • *以下は、上記の記事の日本語翻訳です。



[Exclusive Interview] Dae-Sun Chung, the grandson of the founder of Hyundai Group who successfully completed the largest ICO last year, said, “We will provide a role model for blockchain ecosystem with native coins.”

The largest ICO of previous year is an acknowledgement of our own technologies.  After the ICO evaluation in Switzerland, he plans to form technology communities per industry.  “We will develop a hybrid of public and private blockchains,” “We may fall behind in the blockchain market, therefore loosening regulations is desperately needed, such as regulatory sandbox.”

[Seoul=Newsis] by reporter Kim
2018/06/08 09:00:00

[Seoul=Newsis] by reporter Choo  2018.06.07

Hdac Technology, led by Dae-Sun Chung, the CEO of Hyundai BS&C and the grandson of the founder of Hyundai Group, has set out to build the next generation blockchain platform and ecosystem by showing off Hdac Mainnet, the IoT blockchain.

“Hdac" is a blockchain-based crypto currency issued and led by Chung.  Hdac received enormous attention in the global market last year by successfully completing the largest ICO (Initial Coin Offering, having collected 16,786 Bitcoins) among Korean native coins.

Chung said in his exclusive interview with Newsis on the fifth, “I would like to present a role model for blockchain ecosystem by changing the negative views toward the existing cryptocurrency market on behalf of the native coins.  We will form technology communities per industry after completion of the ICO evaluations by the Swiss financial authorities.” 

Chung appeared in front of the media 10 years after the establishment of his company in 2008 and introduced the process of the proposed business and commercialization of services last year through the white paper (business plan) and emphasized that he would expand support of infrastructure and cooperation for promoting blockchain.

Hdac supports IoT and M2M (machine-to-machine) communication through its own blockchain platform.  It would be used in various aspects of our daily lives in the future such as smart homes, smart campuses, smart factories, etc.

For example, when a user certified by the blockchain arrives at the entrance, the installed sensor recognizes the person and opens the door automatically with approval.  Inside the home, people will use IoT devices such as electricity, water, gas, etc., connected to the blockchain platform, and the data produced by each of those devices will again be recorded in the blockchain platform, and it will be possible to estimate the amount of energy and automatically make payments with cryptocurrency.  In case of disasters, the blockchain will automatically shut off in order to prevent accidents.

Hyundai BS&C is a specialized construction and IT service company, providing construction, plant business, system integration, IT outsourcing, IT consulting services, etc.  Although this is an unprecedented business structure for a blockchain company, some evaluate it as a favorable structure, having its own market to apply the actual blockchain technology.

“We started off as an IT company and added construction in accordance with the will of my father, but we started paying attention to IoT as a technology combining the values of IT and construction.  We learned about blockchain while trying to find solutions for security in providing such services,” Chung explained.

The distributed ledger blockchain can prevent operation of IoT devices or manipulation or illegal collection of data by third parties.

In particular, the business of applying blockchain to HERIOT, the smart home industry, has had some progress. It has gone through the first step to a proof of concept and it is aiming for IoT contract operation at the second half of this year.  IoT contract means enabling numerous IoT devices to agree on trust-based procedures and realizing safe service scenarios.

Chung said, “Our plan is to upgrade Heriot to a state-of-the-art, high-end residential space through IoT solutions developed by our construction sector and IT sector.  We are planning to apply the IoT contracts to Samsong Heriot Apartments, which are currently under construction.”

Based on such visions, Chung established a blockchain company, Hdac Technology AG, in Zug, Switzerland, last year. With three free sales in March, May and July last year and through Initial Coin Offering (ICO) in December, Hdac coins collected the largest size of funds among native coins.

Hdac Technology has submitted administrative documentation in accordance with ICO Guidelines issued by the Swiss financial authorities (FINMA) and is currently undergoing procedures to comply with the local government’s regulations.  FINMA is in the process of confirming the future possibilities of Hdac technologies, KYC (Know-Your-Customers) of ICO investors, and whether AMLA (Anti-money laundering) procedures have been duly followed. Hdac has already obtained certification on AMLA.

In looking back, Chung said, “We were planning to go to Switzerland even before regulations by our government had existed.  We were full of desire to learn from Zug as it had been receiving global attention as a Crypto Valley.”  He also added, “I have pride in our technologies. We opened Mainnet with our own platform, not Bitcoin or Ethereum.  Of course, the brand Hyundai probably had some effect, but people will eventually acknowledge us as the technologies are evaluated.”

Hdac has established a complete decentralized system through opening Mainnet.  While maintaining the nature of public blockchain such as certification, dispersion, and combining the strengths of private blockchain such as processing speed, they are planning to add specialized functions in the previous industries such as construction, heavy industry, distribution industry, etc. By searching the methods in which industry application technologies can have synergy through public and private ecosystems, they have a plan to survive in the blockchain market.

“Having Hdac Technology in the center, with Hyundai BS&C (Young-Ju Lee, CEO) and Hyundai Pay (Byung-Cheol Kim, CEO), we are in the process of developing the Hdac platform by applying private blockchain that may be independently operated.  We are planning to develop a hybrid of public and private blockchains,” he stated.

“The process of owning Hdac involves participating in the ICO or mining in the Mainnet, and the Hdac’s mining has power has been exploding.  It is currently 15 teras, and Ethereum Classic is 8 teras.  Since structure expansion is one of the important values of the blockchain of Mainnet, we are expecting to settle in early,” he said.

Chung is cautious of the views that simply regard Hdac as a cryptocurrency.  It is because cryptocurrency is only one part of Hdac, and it is aiming to become the model for building its own ecosystem through its own blockchain platform.  This is why they are focusing on protecting market participants and promotion their business.

He proclaimed, “The blockchain ecosystem is a domain that participants make and we will make efforts in showing technologies that are above the white paper for the market participants.”

Regarding the government, he emphasized that in order to preoccupy the market, loosening regulations are necessary, such as implementing a regulatory sandbox. He said he is gravely concerned with the possibility that Korea may be alienated from blockchain technologies and will lead to an industrial convergence. In Hdac’s case, they started trying industrial applications because P2P (peer-to-peer) payments, micropayments O2O (online-to-offline) services were difficult to be implemented due to ambiguity in related laws.

Chung emphasized, “In the Fourth Industrial Revolution, we already lost the initiative in AI or big data to other countries. Blockchain is still in good shape and suits our culture very well. The government should draw an outline based on the creation of jobs and sound industry development.”


-  End  -




[家采访去年最大ICO成功代家第三代郑大宣"提出本土区块链生统的楷模"

去年最大ICO成功…认证自己的区块链技
完成瑞士ICO审查成各产业团体
展成可以接公有与私有的混合型”
“恐怕区块链也被
…迫切需要缓和限制的措施,如监管沙盒等”

[Seoul=Newsis] by reporter Kim
2018/06/08 09:00:00

[Seoul=Newsis] by reporter Choo  2018.06.07

【首尔=newsis】 现代集团第三代的郑大宣现代BS&C总经理指挥的Hdac technology公司,公开物联网(IoT)区块链的Hdac主网,展开下一代区块链平台和生态系统的构筑。

“Hdac”是郑总经理主导发行的以本土区块链为基础的密码货币。以韩国本土币成功地结束最大规模的ICO(虚拟货币公开,共筹得16,786个比特硬币),去年在全球市场中得到巨大的关注。

郑总经理在5号newsis的独家采访上表示“代表本土币,将改变对现有密码货币市场的否定视线,想提出区块链生态系统的楷模”,“如果通过瑞士金融当局的ICO的审查,将要按产业制定技术社区”

2008年公司成立,在10年之际的言论上他介绍去年通过白皮书(工作计划书)提出的业务和服务商业化的进行过程,强调为了区块链的培养,扩大基础设施支持与合作。

Hdac 通过本地区块链平台,支持IoT和机器对机器通信(M2M- Machine to Machine),将被运用在智能家庭、智能校园、智能工厂等未来日常生活接触的各个领域。

例如:在区块链收到认证的用户来到门厅之前,传感器识别出入者,或经过安全认可,自动地开门。

人们可以自由地使用家里的连接到区块链平台的电、自来水、煤气等IoT设备,在各机器发生的数据再被记录在区块链平台,评测能源使用量,用密码货币自动结算收费。

在地震或火灾等特定状况,为了预防事故自动切断电或煤气。

现代BS&C 是建筑和信息技术(IT)服务专业企业,进行建设、成套设备、系统集成、IT外包、IT咨询等的业务。这对区块链企业而言,虽然是超出常规的业务结构,但也有评价说由于拥有可适用实际区块链技术的自我市场,所以是较为有利的结构。

郑总经理说:从IT企业开始,继承先父的遗志,追加了建设领域,而作为结合建设和IT价值的技术,关注了IoT。为了提供这样的服务,安全性最重要,在寻找解决办法时接触到了区块链 ”。

分散的区块链可以防止第三方而不是主人操作物联网的机器,防止操作数据与非法收集。

尤其在智能家庭领域的HeRiot适用区块链的业务是有了一定进展的。经过了第一阶段的概念验证,目标是到下半年IoT协议执行。IoT协议意味着多数 IoT机器之间在区块链上可以同意信任基础程序,实现安全的服务计划。

郑总经理说:“通过公司建设部门和IT部门协作开发的物联网解决方案,将HeRiot升级为最尖端高品位居住空间,预计在目前建设的京畿道三松现代HeRiot公寓适用实际生活的IoT协议”。

以这种业务蓝图为基础,郑总经理去年10月在瑞士楚格设立区块链专业企业Hdac技术。通过去年3月、5月、7月等3次的预售和12月的ICO,作为本土币筹集1万6786个比特币。

目前,依据瑞士金融当局((FINMA)发表的ICO准则,提交了行政材料,然后履行遵守本地政府的劝勉事项的程序。FINMA对Hdactechnology的未来发展性和对于ICO投资人的KYC(本人确认)、AML(防止洗钱)程序是否合法还在确认。Hdac 已经获得AMLA部分认证。

郑总经理说:“韩国政府管制以前,原来我想要到瑞士。楚格作为加密谷(Crypto Valley-密码货币城市)受到世界性的关注,非常希望能学一下”。

他还说:“有着技术上的优势,既不是比特硬币,也不是以太坊,开放适用自主平台的主网,当然不能忽视现代集团品牌的作用,但是如果技术得到认可,相信就会被人们所承认。

Hdac 通过主网公开,确立完整的分权体系。保持认证-分散等公有区块链的特性,加上具有高速处理速度之长处的私有链,预计在建筑-重工业-流通等现有行业添加特殊化功能。他计划寻找通过公有链生态系统与私有的产业结合提高协同效应的方法,在区块链市场中持续生存。

郑总经理表示“正在以Hdac technology为中心,与现代BS&C、现代Pay携手,正在开发采用企业可以自主运行的私人链的Hdac平台,计划使其发展成为公有链和私有链之间可以互换型的混合链平台”。

接着,他还说“拥有Hdac的过程有参加ICO,或者参加主网的挖矿,而Hdac挖矿的算力坊开始爆发性增长;目前为15特拉,而以太坊经典为8特拉左右。对于有主网的区块链而言,最重要的价值之一是扩大基础设施的,我期待我们可以早期稳定下来”。

郑总经理担心会有将Hdac单纯地以加密货币的视线看待。加密货币只是Hdac的一部分,而它指向通过自身的区块链平台,建立独自生态系统的模型。正为了这一点,他针对保护市场参与者而展开业务。

他说:“区块链生态系统是参与者所创造的领域”,还公开表示“我们为了市场参与者,努力展现超出白皮书的技术力量”。

他强调说,为了抢占市场,政府要缓和限制,如监管沙盒等。郑总经理非常担心韩国在领导产业融合的区块链技术方面被排除在外。Hdac也在P2P(个人对个人)结算、 微支付(小额交易)020(在线、离线的连接)等服务方面,由于有关法律法规的模糊,难以执行,所以首先试图了产业方面的适用。

郑总经理还强调:“在第四次工业革命中,AI或者大数据领域的主导权已经被其它国家抢走了,而区块链还安全,也符合韩国文化。政府也应该面向创造就业机会和培育健全的产业,需要全盘有机的规划”。


- 结束  -





[単独インタビュー]昨年最大のICOに成功した現代グループ3代目チョン・デソン「現地コインでブロックチェーン生態系ロールモデルを提示する」

昨年最大規模のICOに成功自己ブロックチェーン技術が認められた
スイスICO審査終了後に産業別技術コミュニティを構成
「パブリック、プライベート連携可能なハイブリッドに発展させる」
「ブロックチェーンも取られるかも
規制サンドボックスなどの規制緩和が切実」

[Seoul=Newsis] by reporter Kim
2018/06/08 09:00:00

[Seoul=Newsis] by reporter Choo  2018.06.07

【ソウル=ニューシス】汎現代グループ3代目のチョン・デソン現代BS&C社長の指揮するエイチダックテクノロジーがモノのインターネット(IoT)ブロックチェーンであるエイチダック(Hdac)メインネットを発表し、次世代ブロックチェーンプラットフォームと生態系の構築に乗り出す

Hdacはチョン社長が発行、主導する自己ブロックチェーン基盤の暗号通貨である。昨年の韓国現地コインとしては最大規模のICO(新規仮想通貨公開,ビットコイン16,786個調達)に成功し、グローバール市場において多大な注目を集めた。

チョン社長はさる5日ニューシスとの単独インタビューにおいて、「現地コインを代表して従来の暗号通貨市場に対する否定的な視線を肯定的に変え、ブロックチェーン生態系のロールモデルを提示したい」とし、「スイス金融当局のICO審査終了後に産業別に技術コミュニティを作る」とした。

2008年の会社設立以来10年ぶりに言論の場に立った同氏は、昨年の事業計画書により提示した事業及びサービス商用化の進行過程を紹介し、ブロックチェーン育成のためにインフラ支援と協業を拡大すると強調した。

エイチダックは自己ブロックチェーンプラットフォームによりIoTと機器間通信(M2M,Machine to Machine)を支援する。スマートホーム、スマートキャンパス、スマートファクトリーなど、未来の日常生活で接する様々な領域で用いられると考えればよい。

例えば、ブロックチェーンで認証されたユーザーが玄関の前に到着すると、装着されたセンサーが出入者を認識したり、セキュリティ承認を経て自動でドアが開く。

家の中でもブロックチェーンプラットフォームに接続された電気、水道、ガスなどのIoT機器を自由に使用し、各機器で発生したデータがブロックチェーンプラットフォームに記録され、エネルギー使用量を測定して暗号通貨で料金を自動決済することが可能である。

地震や火事などの特定状況では、事故予防のために電気やガスなどが自動で遮断される。

現代BS&Cは建設及び情報技術(IT)サービスの専門企業であり、建設・プラント事業や、システム統合、ITアウトソーシング、ITコンサルティングなどの事業を行う。ブロックチェーン業者としては異例な事業構造であるが、実際にブロックチェーン技術を適用する自己市場を有する有利な構造であるという評価もある。

チョン社長は「IT業者として出発し、亡き父の遺志を継いで建設を追加したが、ITと建設の価値を組み合わせる技術としてIoTに注目した」とし、「これをサービスするためにはセキュリティ性が重要であり、それを解決する方法を模索しているときにブロックチェーンに出会った」と説明した。

分散型台帳であるブロックチェーンは、ハッキングによりモノのインターネットに接続されている機器を主人でない第三者が作動させたり、データを操作したり、違法に収集することを防止することができる。

特に、スマートホーム分野であるヘリオットにブロックチェーンを適用する事業はある程度進められた状態である。第1段階の概念証明を経て下半期までのIoTコントラクトの作動を目標としている。IoTコントラクトとは、複数のIoT機器間において信頼基盤の手順をブロックチェーン上で合議できるようにして安全なサービスシナリオを実現することを意味する。

チョン社長は「自社の建設部門とIT部門が協業して開発したモノのインターネットソリューションにより現代ヘリオットを最先端の高品格住居空間にさらにアップグレードする計画」であるとし、「現在建設中の京畿道三松現代ヘリオットアパートに実生活IoTコントラクトを適用する予定」であると話した。

このような事業ビジョンに基づいてチョン社長は、昨年10月、スイスのツークにブロックチェーン専門企業エイチダックテクノロジーを設立した。昨年3月、5月、7月の3回のフリーセールと12月のICOにより、現地コインとしては1万6786個のビットコインを調達した。

現在、スイス金融当局(FINMA)が発表したICOガイドラインに従った行政書類を提出し、現地政府の勧告事項を遵守する手続を踏んでいる。FINMAは、エイチダック技術の未来の発展性や、ICO投資家に対するKYC(本人確認)、AML(マネーロンダリング防止)手続が適法になされたかなどを確認している。エイチダックはAMLA部分認証を既に取得している。

チョン社長は「韓国政府の規制以前からスイスに行こうと思っていた」とし、「ツークはクリプトバレー(Crypto Valley,暗号通貨都市)として世界的な注目を集めており、一度学んでみたいという意欲が大きかった」と振り返った。

それに続けて、「技術に対する自負心がある。ビットコインでもなく、イーサリアムでもなく、自己プラットフォームを適用してメインネットを公開した」とし、「もちろん現代というブランドも作用したが、技術で評価されれば結局は人々に認められると信じていた」と話した。

エイチダックはメインネット公開により完全な分権システムを確立した。認証、分散などのパブリックブロックチェーンの特性を維持しつつ、速い処理速度が強みであるプライベートブロックチェーンの長所を組み合わせ、建設、重工業、流通などの既存の産業に特化機能を追加する予定である。パブリックの生態系とプライベートによる産業適用技術がシナジー効果を発揮する方法を模索してブロックチェーン市場で生き残ろうというである。

チョン社長は「エイチダックテクノロジーを中心に現代BS&C(代表取締役ノ・ヨンジュ)、現代ペイ(代表取締役キム・ビョンチョル)と手を組んでエイチダックプラットフォームに企業が独自に運営できるプライベートブロックチェーンを適用して開発している」とし、「今後、パブリックブロックチェーンとプライベートブロックチェーンの連携が可能なハイブリッド型ブロックチェーンプラットフォームに発展させる計画」であると話した。

それに続けて、「エイチダックを保有する過程はICOに参加するか、メインネットのマイニングに参加するかであるが、エイチダックマイニングのハッシュパワーが爆発的に増えている」とし、「現在15テラであるが、イーサリアムクラシックは8テラ程度である。メインネットがあるブロックチェーンはインフラストラクチャーの拡張が重要な価値の1つであるので、早期に定着できるものと期待される」と言及した。

チョン社長はエイチダックを単に暗号通貨とだけ見る視覚を警戒する。暗号通貨はエイチダックの一部分にすぎず、自己ブロックチェーンプラットフォームにより独自の生態系を構築するモデルを志向しているからである。市場参加者の保護に重点を置いて事業を推進する理由もそこにある。

同氏は「ブロックチェーン生態系は参加者が作る領域」であるとし、「私たちは市場参加者のために事業計画書以上に技術力を発揮すべく尽力する」と公言した。

政府に対しては、市場先占のために規制サンドボックスなどの規制緩和が必要であると力を込めて強調した。チョン社長は産業融合を主導するブロックチェーン技術から疎外されることを非常に恐れた。エイチダックの場合も、P2P(個人間)決済、マイクロペイメント(少額決済)、O2O(オン・オフライン連携)などのサービスは関連法が曖昧で施行が困難であるため産業的適用を先に試みた。

チョン社長は「第4次産業革命においてAIやビックデータは既に他の国にイニシアチブを取られた。ブロックチェーンは未だ健在で韓国の文化にも合う」とし、「政府も雇用創出と健全な産業育成を基調として有機的な全体像を描かなければならない」と強調した。

- 終 -



Related Content

 
Press Release new window Tens of Millions View Crypto Tech During World Cup
Jul 11, 2018
 
Press Release Chainers 2018, Seoul Korea
Jul 2, 2018
 
Press Release new window Hdac Scores with World Cup TV Blockchain Advert
Jun 19, 2018
 
Press Release Movie The First Hdac Hackathon
Jun 14, 2018
 
Press Release Hdac Commercial Schedule
Jun 12, 2018
 
Press Release Creating a Blockchain Ecosystem with Native Coins
Jun 11, 2018
 
Press Release Creating a Korean Version of Steemit
Jun 11, 2018